Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://yamiyonohikari.blog104.fc2.com/tb.php/452-9e78cf6f

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

シーズン・オヴ・ウォー。

夏のWFに出なかったり、メーカーさんの原型製作で表に出せることが無かったりで、しばらく更新してませんでしたが、生存報告も兼ねて趣味方面でのブログ更新。今回は分かる人にしか分からない言葉がバンバン出てきますのでご勘弁を。w

今年の夏はゲームズワークショップで7月半ばから1ヶ月間行われていた、ウォーハンマーAoSのグローバルキャンペーンイベント「シーズン・オヴ・ウォー」に参加してました。
シーズン・オヴ・ウォ−01
その最中に制作、塗装したのがこちらのケイオス系ミニチュアの数々。
総数57体、全てイベント期間の1ヶ月で制作、塗装しました。
さすがに自分でもこの数のミニチュアを1ヶ月で仕上げたのは初めての経験です。
ゲームも楽しみましたが、自分はミニチュアの制作での参加が主でした。
せっかくなのでちょっとずつ、制作したミニチュアをご紹介。

シーズン・オヴ・ウォ−02
左からグレート・タウルス、ケイオススポーン(スラーネッシュ)、ラマス。
当初はそれほどイベントに興味も無かったのですが、中途半端にアンダーコート塗装のまま長い期間放置していた、中央のスポーンを良い機会だからと仕上げる気になった事が今回のイベント参加の切欠になりました。
後ろの2体は旧ケイオスドワーフのモンスター。「ストーム・オヴ・マジック」というサプリメントが発売された頃に再販されたレジン製のキット。未だに騎乗したケイオスドワーフと共に再販される事を願ってます。

シーズン・オヴ・ウォ−03
ケイオスのコア(今はバトルライン)枠のインファントリー。
左からケイオスマローダー、ケイオスウォリアー(ナーグル)。
今までフレイル装備のマローダーを作ったことが無かったのと、後述のウルフリックに合わせる為黒い鎧でペイントしたもの。
コマンドグループは旧版のメタル製(旗部分はキットバッシュ)。チャンピオンはケイオスウォリアーな気がするのですが、来歴が不明でケイオスっぽく変異していない顔をさらしていることもあって、手に入れたときからマローダーのチャンピオンとして使用しようと思っていたもの。
ケイオスウォリアーも今まで組み上げてあったものはこれより以前の版のプラキットなので、この型のものを初めて作りました。
発売してからすぐに入手していたのですが、何年寝かせてたんだろう…。w

シーズン・オヴ・ウォ−04
ピュートリッド・ブライト・キングス。
「エンドタイムス」の時期に発売されたナーグルのエリート兵。組み立てられるバリエーションが豊富でどう組むか迷い、結局マニュアル通りのベーシックな方向に。
造形的にも凝っているので今回の期間中でペイントした中で、一番時間がかかりました。それでも3~4日程でしたが。
いずれはグロットキンやマゴスロードと並べたいですが、いつになることやら…。

シーズン・オヴ・ウォ−05
左からスケイブンのラットリングガンとワープ・ファイアー・スロアー。
AoSでグランド・アライアンスとしてケイオスの軍勢にスケイブンが同盟として加わったので、初めてスケイブンを制作しました.。
スケイブンの軍装大全を調べ、スクリール族のカラースキームに沿ってペイント。
ちなみに池袋で行われていたトライアルゲームでシルヴァネスのスピリット・オヴ・ドゥルスがラットリングガンの猛火力の前に蜂の巣にされていたのを目撃し、ラットリングガンに少し惚れ込んで制作した部分があります。w

シーズン・オヴ・ウォ−06
ファミリア。全てメタル製。
ゲーム中にこれだけの数のファミリアが一遍に並ぶ事は(使い道的にもポイント的にも)無いです。w
最前列中央の四大神のグレーターデーモン型のファミリアが特にお気に入りです。2006年頃にUSでのみファミリアとして販売されていたものを入手したのですが、これもどのゲームを目的に作られたミニチュアか来歴が不明です。

シーズン・オヴ・ウォ−07
最後にキャラクターとディーモン。
前列がブリムストーンホラー。後列が左から"髑髏の主"モルグフゥル、"放浪者"ウルフリック、ナーグル・ケイオスロード(現ロード・オブ・プレイグ)。
後列のキャラクターはどれもずっと制作の機を窺ってたもの。今回のキャンペーンイベントのおかげでようやく完成させる事が出来ました。
ブリムストーンホラーはボードゲーム「シルバー・タワー」に付属のミニチュア。ピンクホラーの成れの果てですね。このミニチュアはイベント最終日にGW池袋の店頭でチャチャッと塗って仕上げてたりしました。



で、"放浪者"ウルフリックのミニチュアは後日「神保町GWペイントコンテスト・サマー」に出品したところ、
シーズン・オヴ・ウォ−08
スモールミニチュアの部門賞を頂くことが出来ました。
右側が頂いたトロフィー。

シーズン・オヴ・ウォ−09
せっかく賞を頂いたので単品の写真で。
製作期間はシーズン・オヴ・ウォーの期間中だったこともあり、集中して1日間でアンダーコートから全て仕上げてます。
普段だったらどんなミニチュアであれ、1日で仕上がる事はまず無いのですが、今年の夏は鬼懸ってました。w
GWの公式ページの作例を参考にして、配色はほぼそのままで決めてあります。

シーズン・オヴ・ウォ−10
背面。
実はマントがとても大変なつくりになっていて塗り分けに苦労しました。
シールドに張り付いている犠牲者の皮のペイントも少し悩んだのですが、パープルから立ち上げて最後に茶色(具体的にはオグリン・フレッシュ)のウォッシュで仕上げたところなかなかに面白い効果が出ました。この手法はお気に入りになりそうです。

シーズン・オヴ・ウォ−11
最後はアップで。
結局、キャンペーンの終了と共に燃え尽きて、その後全くミニチュアが塗れてないのですが、機会を見てまたぼちぼち塗っていきたいたいなと思ってます。

でも、これからはお仕事やWFに向けての造形を始めなければならない時期なのでそちらに注力しなければなりません。
あ、そうそう、次のWFには当選したので1年振りに参加予定です。その辺りはまた形になり次第発表していこうと思いますのでお楽しみに。


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://yamiyonohikari.blog104.fc2.com/tb.php/452-9e78cf6f

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

闇鎧

Author:闇鎧
フリーの原型師。
まだまだ修行中。
暇人とも言う。

メールでの連絡は
yami-yoroiアットマークk3.dion.ne.jp
(アットマークは半角@に換えて下さい)まで。

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

<!--アクセス解析タグ ここまで-->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。